ごめん、と言わないサッカー

2000-7a119cf58b4f6716e3aad42eae056429

パスミスして、思わず相手に「ごめん!」
それに対して、技術練習を担当しているコーチが、「ごめん」言うなって、助言。

ごめんって言うことは、相手が自分のミスに対して怒ってると思うから言う言葉でしょ、と。
もっと相手を信頼して、そんなんで怒るわけないと思えば、ミスしたことに謝らなくてすむし、一つ一つのミスを気にしないでプレーできる。

そんなアドバイスをコーチから受けたのでした。

そういえば、試合中も、ちょっとしたコンビネーションの欠け間違えで、パスがうまく渡らなかった時など、よく「ごめーん」って言っています。その行動に疑問をもつことはありませんでしたが、物事を別の角度から見ると、全く違う解釈が見えてくるのですね。

IMG_13776.jpg

自宅待機が始まって3週目。今日の自主練は、ボールを高くあげてトラップ、フットワーク、100チャレンジ(色んな部分を使ったジャグリング)


自主練がまだ続きそうなので、リバウンダーネットを検討中。これかなぁ。もしオススメがありましたら、ぜひ教えてください。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

コメント

非公開コメント

utlogan



アメリカ在住サカママ 兼 大学研究者。


3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。

現在ユタ州在住。


本格的な育成年代に突入したU14の息子のアメリカの育成環境やユースサッカー向け食・怪我・テクノロジー、アメリカン面白エピソード、をご紹介します。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com