少年サッカーと歯列矯正

Dental plastic bracket for retainer

息子が歯列矯正を始めました。半年に一回の歯科検診で、奥歯が曲がって生えているので、矯正のクリニックに推薦書を書くね、と言われました。ちょうど永久歯が生えそろったので、歯列矯正を始めるタイミングのようでした。

歯列矯正クリニックのコンサルティングでは、息子の場合、今やると、歯を抜かずに噛み合わせを調整できる、16歳では、顎の成長が終わっているので、歯を抜くことになる、と言われました。私も夏からそのクリニックで歯列矯正を始め、歯を2本抜きました。抜歯した日はすごく痛かったので、息子にそこまでの大変さは無理と思い、予定より前倒しで、歯列矯正をスタートしました。


矯正しながらサッカーできる?

サッカーのチームメイトには、既に一人、矯正をスタートしている子がいて、「君の矯正、楽しみだなぁ♪」と言われたのですが、いざ装着すると、むちゃくちゃ痛い。息子は、私と同じ出っ歯で、上下の歯の噛み合わせが半個分ズレています。日本人には多い噛み合わせで、修正するために下の歯のワイヤーの矯正力も強くしたため、装着日はめちゃくちゃ痛がりました。ただ、その痛みも、2日ほどで落ち着きました。

歯が痛くても、サッカーは普通に行きます。息子はワイヤーをつけた歯で初めて練習にいき、早速、歯列矯正をしているチームメイトに、「ほら、痛いだろう?」とニコニコ顔で言われました。

スポーツショップには、矯正用のワイヤーをつけてスポーツをする子供向けに、矯正用マウスピースを売っています。最初は、念のためこのマウスピースを用意しようと思ったのですが、息子が、マウスピースつけると声が出せなくなるので、嫌だと。言われてみれば、その通りで、サッカーはかなり声を出すので、結局マウスピースは諦めました。もしかしたら、矯正中はヘディングをあまりしないかもしれません。


サッカー少年のベストな矯正のタイミングはいつ?

アメリカは矯正する子供が多いのですが、スポーツをしながらどの年齢のタイミングで矯正するのが一番良いのかは、良くわかりません。体が成長する時期に、硬いものが食べにくいなど、食べ物が制限されるのは気になります。一方で、今なら、まだフィジカルに強くない時期にできると言うのもあります。高校生になったら、時間的に忙しく、クリニックに通うのも大変そうです。我が家はタイミングなど考えずスタートしたのですが、果たしていつが良かったのか…。矯正期間は1年半ほど、6週に1回のペースで調整に通います。長い道のりです。

IMG_12711.jpg

関連記事


食事面での認識の違い
物に対するresponsibility
誰にも聞けない、ゴールデンエイジの本当の意味



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ


 




スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com