コーチのアドバイスに従って

Real Salt Lake for the Win.

プロの試合を観るべき理由は?

州トレセンODPの練習後に、コーチが今日のRSLのU19の試合を観るように、とアドバイス。どうも息子の学年はシンプルにプレーが出来なかったようで、参考になるからということでした。U19ではないですが、ちょうどプロチームRSLのリザーブチームが、2部リーグに当たるUnited Soccer League(USL)で決勝戦の最中でした。ODPの練習場からリザーブチームのスタジアムまでは車で20分ほど。ちょうどハーフタイムで残り20分くらい試合が観れるかなぁ、というぐらいでしたが、息子が珍しく、「せっかくだから行こうよ!」と言います。この日は、手の指を骨折したギブスで、靴紐がうまく結べず、プレーに精細を欠いたようです。練習が終わってもあんまり元気がなかったので、帰りがてらだし、と急いでスタジアムに向かいました。

スタジアムには、試合の残り20分で到着。ちょうど、1−1で盛り上がっていました。決勝戦だけあって、ほぼ満席です。自分の席がわからず、とりあえず、立ち見をしました。試合はそのまま、引き分けで延長戦に突入。その後に予定もあったので、延長前半で帰りましたが、後半にReal Monarchsが得点し、西部地区優勝でした。東部優勝チームとの決勝戦が、来週行われます。

IMG_12681.jpg

子供フレンドリーなスタジアム

スタジアムには、同じタイミングで、ODPの練習から直で来たなぁという親子がチラホラ。息子も、その子達も、ODPのユニフォームのままでウロウロしているので、同学年でないもののお互いにすぐにわかります。延長戦が始まるまでに、ようやく自分達の席を見つけて座ったら、まさかのゴール裏。ちょうどサブの選手達が目の前でアップしていて、その中には、夏のサッカーキャンプで、卓球で遊んでくれた選手もいました。

トップチームの試合もそうですが、このチームの試合観戦も、子供がめちゃくちゃ多い。ボールボーイは、8歳くらいの男の子達がブカブカのボールボーイTシャツを着て走り回っています。以前に、トップチームの応援に行った時は、お隣に赤ちゃんが座り、ママが試合の間中、あのボールを蹴るのよぉとか話しかけていました。すごい英才教育。こういったスタジアムの雰囲気は、小さな子供達でもかなり楽しめそうです。

帰りの車内で、息子に、自分達のプレーとの違いがあった?と聞いたら、プレーがシンプルであることと、「僕達はすぐ前に前に行っちゃうけど、そうじゃなかったねぇ」と言ってました。来年は、サテライトのチームの試合も、都合が合えば行ってみようかなぁと思いました。

IMG_12687.jpg

関連記事


州トレセンで判明する息子の苦手なとこ
Olympic Development Programってどんな活動?
プロチームのサッカーキャンプのここが良かった



にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ

 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com