Jクラブのユースコーチからの質問 その3

Kicking Football
飲み会の途中にJ1クラブのユースコーチから突然の電話。内容は、
「ゴールキックで最も遠くに飛ばすには、どう蹴ればよいのか?」
という質問でした。その場にいた物理学の猛者たちは、ボールを45度の角度で蹴りあげれば良いと割り出したのですが、話はそれだけでは終わりませんでした。


飛距離に重要なもう一つの要素:時間

角度45度で蹴ればいい、というのは、キック力を一定と仮定した話ですが、キック力(初速度)をあげる方が、よっぽど飛距離が伸びます。

anlge_speed.png
Lumen learningのサイトより引用

このもう一つの重要な要素は、「力積」という概念です。

キック力をあげるというと、足の振りを速くする方法を思いつくかもしれません。そのためには、筋力トレーニングによる脚力アップが考えられますが、ユース年代ならまだしも、子供に筋トレを強いることは得策ではありません。そこで大切になってくるのが、力積の一つの成分である”時間”です。

飛距離を伸ばす具体的な蹴り方

ボールの初速度は、物理学によると、力積に比例し、その力積は「力」x「時間」になります。つまり、力が強ければ強いほど初速度が上がり、力を加えている時間が長ければ長いほど、初速度が上がります。

これをサッカーに置き換えると、蹴る時の足の振りを速くし、なおかつ、足がボールに接する時間を出来るだけ長くすると、ボールのスピードが増します。つまり、ボールを蹴る時に、足がボールに出来るだけ長く触れるような蹴り方をして、45度の角度で蹴り上げれば、ボールが最も遠くに飛ぶということになります。

ボールを遠く飛ばすコツ
・45度の角度でボールを蹴り上げる
・足がボールに出来るだけ長く触れるような蹴り方をする

ということで、夫はこのことを幼馴染のコーチに伝えました。効果的に蹴るには、踏み込みの足の位置や、ボールのどこを蹴るか、スピンをどうするか、など、細かいことが影響し、当然、実際のサッカーで役立つ保証はありません。とは言え、ここでの結論は、物理学に基づく理論で導き出された答えで、ボールの飛距離の伸ばし方の参考にはなると思います。

IMG_9299.jpg

【本シリーズの記事】
Jユースコーチからの質問 1 突然の電話
Jユースコーチからの質問 2 サッカーが学問にすり替わり 
Jユースコーチからの質問 3 理論と感覚の融合 (このページ)

【参考サイト】
lumen learning 

【関連記事】
100万円のマシーン
スキャム(詐欺)なサッカーキャンプ?
日米指導対比 風間さん vs Dan Blank

Hydro Flask(ハイドロフラスク) ハイドレーション_ワイド_32oz 945ml 27ミント
Hydro Flask(ハイドロフラスク) (2017-03-15)
売り上げランキング: 40,235

プラスチック製ボトルの人体への影響が指摘され始めているので、重いけどハイドロフラスクを使用。40oz(1.1リットル)サイズだと、練習なら十分な大きさ。

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com