周りを見ろ、と言ったときに、何を見るのか? (プロローグ)

Look

試合中に周りが見えてないプレー

息子は、試合中に周りを見ることは大事だ、と知っています。試合中は、たまに首を振って、周りを見ている様子を見かけます。でも、何を見て、何を判断しているか、は突っ込んで聞かなければわかりません。

先週の試合映像を復習していて、気になるシーンがありました。自陣内で、こちらのチームがファウルをして、相手チームのフリーキックの場面。息子は右ウィングで、ボールを見ながら、自分のデフェンスの位置を調整。素早いリスタートから、息子の前方にいるサイドバックにパスが渡たり、素早くチャージに行くものの、あっさり、ラインぎわに沿って別の選手にパスを通されてしまいました。息子は、後ろを振り返って、あっ、ここにも相手選手がいたのか、と初めて気がついたようでした。

この息子のプレー、問題点はボールばかりを見て、周りを見ていなかったこと。周りを見ていれば、あっさりボールを前方へ展開されず攻撃を防げたかもしれません。

この点に関して、まずは最初のアドバイス。この場面では、もう少し周りを見ようね。


どうして重要?周りを見ること

では、何で周りを見る必要があるのか?とクイズを出すと、「誰がどこにいるか見る?」とか「誰がフリーになっているか見る?」とか、何とも曖昧な答えが返ってきます。相手がそこにいたら、どう行動するか、までは言語化できていません。

そこで、もうちょいヒント。この場面でやることは1択。これ以外にあり得ない。日本語で5文字。

結局、答えがわからず、時間切れになってしまいました。

次回はその答えについて、書きます。

【本シリーズ記事】
周りを見ろ、と言ったときに、何を見るのか? (プロローグ)このページ
周りを見ろ、と言ったときに、何を見るのか? (答え) 
周りを見ろ、と言ったときに、何を見るのか? (エピローグ)

IMG_8686.jpg

【関連記事】
実は皆が試合撮影に興味を持っている
カメラのアングルを変えた結果
試合中のミスを自己解決する取り組み

アオアシ 1-14巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)
小林 有吾
小学館
売り上げランキング: 96,185


にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com