実は皆が試合撮影に興味を持っている

Copa Libertadores de America 2011 | Peñarol - Independiente | El día de la bandera | 110412-2978-jikatu

チームのために、試合の録画係になって、はや半年。お陰で、鳥瞰的な試合観戦が日常的になり、長いポールを使ったビデオカメラの撮影は、チームにも、我が家にも、試合を復習する恩恵をもたらしています。

この撮影を行うためのポール、5mと高いのもあって、試合会場ではすごく目立ちます。そのため、これまで他のチームの保護者から、何人も話しかけられました。大抵は、どこで買っただとか、どうやってビデオにつなげているのか、といったメーカーや設定に関する質問。映像のアングルもモニタから確認し、皆さん、試合撮影には大変興味があり、重要性を感じているようです。

試合映像は試合が終わった翌日にはチーム内でシェア。試合を見に行けなかった保護者は、とても楽しみに映像のアップロードを待っています。子供達も、映像を使った復習を行うようになりました。次の練習までに、試合映像を見て、反省点と良かった点をあげて、ディスカッションすると言ったもの。復習に対するモチベーションはまだ高くなく、どの家庭も映像を楽しんでいるのは専らお父さんみたいですが、少しずつ試合を見直す習慣になるかもしれません。

我が家では、たまに、気になったプレーを何度か確認して、なぜこのプレーを選択したのか、息子に言語化させています。その判断が間違っている時は、一緒に考えて修正したり、足りないプレーのスキルも確認します。一方で、コーチに怒られたプレーであっても、良かったと思えば、この選択は良かったと意見することもあります。このコーチとの意見の相違や、家庭でのフォローアップは、匙加減が難しいのですが、守備に関しては、絶対に間違いというのがありますが、攻撃に関しては、正解がありません。この一手が通れば絶対的なチャンスとなった場面もあり、プレーの結果は表裏一体です。なので、防がれたけど良かった攻撃のプレーはencourageもします。映像を使って、プレーした時に感じた疑問や反省、良かったことを子供から引き出し、サッカーの理解をお互い深めていきます。

高い場所からの映像は、普段子供が見ている目線とは全く異なるビューです。フィールド場での記憶と、後から見る映像の情報を重ね合わせることで、子供達の鳥瞰的な視野や空間的な理解は大きく養われるんじゃないかな、と思います。

regular-view.pngbird-eye-view.png
(1枚目)フィールド場からの視野、(2枚目)高所から映した視野


【鳥瞰的な試合撮影のための必要な道具】

camera_pole.png

・5mくらいの高さがある三脚

アメリカではこういうのが販売されてます。映像機器に詳しくなければ、モニタとビデオカメラがセット販売されているパックの購入をお勧めます。何人もの保護者が、自分で色々買い揃えて作ってみたが、失敗したという話を聞きました。

日本には、このような4.5mの三脚があるようですが、レビューによると軽くて倒れやすいようです。さらに、このポールを使う場合、外付けのモニターをどう固定するか、考える必要がありそうです。サッカーの撮影では、ビデオの撮影方向も上下左右に動かす必要もあります。参考までに、アメリカの三脚の重さは13kgです。

・ビデオカメラ Sony Handycam HDR-CS190

外付けモニタと接続するためには、A/V Rコネクターがあるビデオカメラが必要です。A/V Rコネクターの口にA/Vケーブル(こういうの)を繋げ、さらに黄色のプラグのビデオ延長コード(こういうの)を繋げて、地上の外付けのモニターと接続します。



・ビデオ画面を確認するモニター NEEWER NW759 7 Inch

高い位置でカメラが捉えている映像を地上で確認するためのモニターです。これがないと、撮影はできません。最近モニターのコネクターの接続面が壊れたので、新たにモニターを購入しました。ケーブルとのコネクションの相性が悪いと困るので、全く同じ商品を購入しました。



・リモコン JJC SR-VD1

カメラの撮影開始や停止、ズームを調整するリモコンです。このリモコンのケーブルだけでは長さが足りないので、延長ケーブルでカメラと繋げています。ワイヤレスのリモコンだと信号が届かない場合がある、と別のチームの保護者から聞きました。



【関連記事】
カメラのアングルを変えた結果
育成の鍵は13、14歳?
試合中のミスを自己解決する取り組み

にほんブログ村 サッカーブログ 少年サッカーへ
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com