• これまでのお話 サッカー選手に多い虫歯や、接触プレーによって起こる歯の怪我に切り込んだ今回のシリーズ【1、2、3】。シリーズの最終回は、中学生年代で増える歯列矯正してサッカーをしても安全なのか?、その両立についてご紹介します。歯列矯正中のサッカーでの心配事息子のU14のチームは、ただ今、歯列矯正が流行中。チームの1/3の子が矯正器具をつけています。 息子は、永久歯が揃った一昨年の11月から、歯列矯正を始め... 続きを読む
  • これまでのお話  サッカー選手に多い虫歯【1】。この原因の一つに、試合や練習中によく飲まれているスポーツドリンクの問題点がありました【2】。今回は、接触プレーが多いスポーツゆえの、歯の外傷について紹介します。どんな歯の怪我が起こりますか?スポーツ傷害の20%は、口内の怪我です(引用元)。口内の怪我で、最も多い原因は、スポーツ中の接触によって起こります。例えば、プレーヤーがヘディングをしようとすると、... 続きを読む
  • アスリートが歯の問題を抱える5つの理由最近のプレミアリーグの選手を対象とした研究では、サッカー選手は虫歯の問題を抱えやすいことが分かりました。一般よりも、健康的な食生活に気を配り、歯の健康状態にも気を配っているアスリート。それでも、虫歯が多いのはなぜでしょうか?アスリートが口腔内の健康に問題を抱える原因は、下記のようにいくつか挙げられます(引用元)。 運動選手の虫歯原因1.歯の怪我をしやすい2. ドライ... 続きを読む
  • スポーツと虫歯問題 イギリスのプレミアリーグの選手を対象とした、口の中の健康状態(オーラルヘルス)を調べた研究があります。2016年に発表された論文では、プレミアリーグの選手187人のうち、およそ半分が、虫歯前の酸蝕状態(歯が溶け始めている)、1/3が虫歯、10人弱は歯周病を患っていました(Needleman et al., 2016 の論文より)。選手の7%はトレーニングや試合への影響も感じています。似た調査は、サッカー選手に限ら... 続きを読む
  • 踵の成長痛であるシーバー病。小学校高学年頃に発症しやすく、この怪我に長年悩まされている方もいるかもしれません。我が家は9歳から11歳くらいまでシーバー病になりました。治っても忘れた頃にまた痛くなる、と痛みが繰り返されるのもこの怪我の特徴のようでした。ところが、気がつくと、過去2年くらい、踵が全く痛くなっていません。悩みまくったこの怪我にどう向き合い、クリアしたのか?、そしてその先に見えてくるサッカ... 続きを読む

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com