• サッカー選手がストレッチをする上での注意点前回紹介したサッカーをする子供向けのDeep Stretch ・Yoga。スポーツをする上で、ストレッチが重要と盲目的に考えてしまいますが、サッカー選手がストレッチをする上で注意点が一つ。Deep Stretchingを紹介しているSheldonが別の番組で言っていますが、サッカー選手は、体操選手を目指すわけではないので、ストレッチは柔軟性を最大化するのが目標ではありません。over stretchingとい... 続きを読む
  • これまでの話長い自宅待機が続く中で、自主練中心の生活を送っています。練習時間が短く、体はそれほど疲れていなさそうですが、ふくらはぎの筋肉はかなり硬直しています。こういう時間のある時こそ、体のメンテナンスを習慣化する絶好のチャンスです。今回は、硬くなった筋肉や体の回復のために、サッカーのプロ選手であるSheldonが提供する、サッカー選手向けのDeep strech ・Yogaを導入してみました。ディープストレッチって何... 続きを読む
  • 休校と自宅待機が始まって6週目。その間にサッカーのチーム活動は実質キャンセル。サッカーのお友達は、1年以上患っていたシーバー病の踵の痛みがなくなってきたとのこと。この長い休暇は、子供の慢性的な怪我の回復に、大いに役立っているかもしれません。それでも体は疲れている?これだけサッカーの活動がないと、体はリラックスできているんだろうな、と思うわけです。息子の場合は、自主練は、平日のスクールワークの合間に... 続きを読む
  • 風間八宏さんが、20秒ボールタッチチャレンジを考案し、息子さんの風間宏矢さんにチャレンジを指名。チャレンジの内容は、ガムテープやマスキングテープの上にボールを置いて、20秒間にどれだけボールがタッチできるのか?詳細はこちらのTwitter。監督曰く、土台が高いと難しいそうです。誰でもできるこの挑戦。さーて、何回タッチできるかなぁ?  ... 続きを読む
  • 自宅待機が始まって5週目。さすがにこの状況は飽きてきましたが、少なくともあと数週間は続きます。今回は、自宅などの狭いエリアでもできる練習アイディアをご紹介しますー。一人でできる室内練習★ 1m四方内のフットワーク練習10 Ball Mastery Exercisesを参考にこのビデオで紹介されている10の練習を一通りやります。もう練習内容は覚えているので、今は好きなYouTubeの番組を見ながらやっています。こうすると自然と顔が上がる... 続きを読む
  • 休校に突入して3週目。休止中のサッカーチームの再開は、オンラインでのチーム練習。とりあえず失敗しても良いからやってみる。クラブや育成組織による、自宅待機中の子供達へのサッカー環境作りが始まりました。サカママ に記事を投稿しました。アメリカ少年サッカー記14 「コロナショック~少年サッカーにも影響が」... 続きを読む
  • パスミスして、思わず相手に「ごめん!」それに対して、技術練習を担当しているコーチが、「ごめん」言うなって、助言。ごめんって言うことは、相手が自分のミスに対して怒ってると思うから言う言葉でしょ、と。もっと相手を信頼して、そんなんで怒るわけないと思えば、ミスしたことに謝らなくてすむし、一つ一つのミスを気にしないでプレーできる。そんなアドバイスをコーチから受けたのでした。そういえば、試合中も、ちょっとし... 続きを読む

utlogan



アメリカ在住サカママ 兼 大学研究者。


3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。

現在ユタ州在住。


本格的な育成年代に突入したU14の息子のアメリカの育成環境やユースサッカー向け食・怪我・テクノロジー、アメリカン面白エピソード、をご紹介します。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com