• アメリカ版州トレセンの内情今シーズンの州トレセンODPの活動が終了しました。この学年は、50名ほど選抜され、7、8回の練習と合宿。来年のU13からは、州対抗の大会に出場するので、選手は18名に絞られ、チームに入る競争は熾烈になります。ヘッドコーチからは、今シーズンの締めくくりのメールが届き、来シーズンの選抜は難しくなる、とありました。チーム作りをしない今シーズンは、ポジションによる選抜がなく、オフェンシブな... 続きを読む
  • 飲み会の途中にJ1クラブのユースコーチから突然の電話。内容は、「ゴールキックで最も遠くに飛ばすには、どう蹴ればよいのか?」という質問でした。その場にいた物理学の猛者たちは、ボールを45度の角度で蹴りあげれば良いと割り出したのですが、話はそれだけでは終わりませんでした。飛距離に重要なもう一つの要素:時間角度45度で蹴ればいい、というのは、キック力を一定と仮定した話ですが、キック力(初速度)をあげる方が、よ... 続きを読む
  • 「ゴールキックでボールをもっとも遠くに飛ばすキックの練習をしたいのだけど、どのようにボールを蹴ればもっとも遠くに飛ぶのか?」かつてのチームメイトであるJ1下部組織のゴールキーパーコーチから投げかけられた質問。ちょうど飲み会中の物理の猛者たちが、酒のつまみに喜んで議論を始めました。ボールを最も遠くまで飛ばす方法実はこの問題、高校の数学や物理の問題として出題されることもあります。というのも、これは、sin... 続きを読む
  • J1ユースコーチから突然の電話
日本にいた頃、夫が仕事仲間と飲んでいる最中に、とあるJ1クラブに所属するユースチームのゴールキーパーコーチから電話が掛かってきました。このコーチ、夫と小中高で一緒にサッカーした幼馴染です。折り入って、聞きたいことがあると。「ゴールキックでボールをもっとも遠くに飛ばすキックの練習をしたいのだけど、どのようにボールを蹴ればもっとも遠くに飛ぶのか?」その幼馴染は、「出来るだけ... 続きを読む
  • 多様な機能をするフォワード子供が攻撃的なフォワードのポジションでプレーしていて、センターフォワード向きなのか、ウィング向きなのか、を知る一つの質問があります。これは息子が州トレセン(ODP)の合宿で、コーチが子供達に聞いた質問。「ボールを受けるときに、前を向いて受ける方が快適か、ゴールを背にしてボールを受ける方が快適か?」前を向いてボールを受ける方が快適な子は、ウィング向き。後ろを向いてボールを受ける... 続きを読む

utlogan



少年サッカーの悩みや経験を、海外の多角的なママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住、大学研究者。
3歳の息子を連れて母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com