• 春のリーグ戦初戦。片道2時間ドライブのアウェイ戦。息子は先週の雪降るスタジアムでの試合観戦で風邪を引き、2日間も学校を欠席。調子が上がらないままの、初戦です。前半はいつものオフェンシブミッドでプレーして、コーナーキックから息子が押し込んで先制。この日の対戦相手は、人数をかけて守って少人数でカウンターするチームで、相手の抜け出しにファウルで止めて、良い位置からフリーキックを与えて失点。試合途中には、... 続きを読む
  • ソルトレイク方面から強豪チームを呼んで練習試合。今年に入ってすでに3回目。コーチの気合いの入ったセッティングに、こちらも身を引き締めて応援します。この日は、グループレッスンを見てくれているアルゼンチンコーチも、珍しくチームプレーヤーに細かな指示を出していきます。試合途中、そのコーチが「ハラペーニョ、ハラペーニョ」と誰かに呼びかけて、息子が振り返りました。「えっ、ハラペーニョって呼ばれているの?」っ... 続きを読む
  • RSL対NYレッドブルズの試合。天候が悪く、雪が舞う中で午後7時からの観戦。すごく寒い。偶然、チームメイトの家族が私達の一列前の席を取っていて、色々話しながら試合を見ました。試合中、うちの夫は、「ほら、スローイン、よく見て」と息子に話しかけます。最近、スローインでボールをもらう時に、息子の動き出しが早すぎて、敵を引き連れて自分のスペースを消しているので、違いを見せるために、目の前のスローインでプロの動... 続きを読む
  • 遠目から試合を観戦していて、今日は、やけにボールが足元から離れているなぁ、と気がつきました。いつもはボールが足元にくっついて、プレッシャーが来ても、息子の動きそのままにボールもついていきます。なのに、今日は、身体とボールに距離感があり、ピタッ、としていないのです。よく考えると、3週間ほど前、息子は太ももを痛がって、軽い肉離れだったら困るので、1週間は家でゆっくりさせました。その間に、クラスメイトと... 続きを読む
  • インドアサッカーの試合。試合が終わるまで知らなかったのですが、対戦相手は、州でもトップレベル、ラスベガスのカップ戦にも優勝した1学年上の女子チーム。今日も女子かぁと舐めてたらどっこい、なかなか得点できません。もともとこのくらいの学年だと、女子の方が体が大きく、フィジカルも強いので、こちらの子達は吹っ飛ばされる事が多いです。さらに、このチームは守備の連携もしっかりしているので、なかなか陣営を崩せませ... 続きを読む
  • 「もし、行けるとするなら、バルセロナとドルトムント、どっちのアカデミーに行くべき?」と、育成プログラムでのクイズ。練習前に30分くらいロッカールームで過ごして、プロの試合を見たり、世界のユースチームについて話を聞いたり。今回は、世界で一番のユースアカデミーについて。答えは、ドルトムント、なんだそうです。また、内田選手が長く在籍していたシャルケ04もユースの育成に成功していて、この2つのアカデミーが現... 続きを読む
  • トラベル明け翌日のRSLの練習がキャンセルになり、そのかわり、来たい人はインドア施設においで、新マシーンも紹介します、とのこと。好奇心旺盛の息子はチーム練の後、みんなでワイワイ、インドア施設に行きました。紹介されたのがこのマシーン。マシーンから出たボールでシュートの練習をします。配球スタイルは2種類、浮いた球と地面を転がす球。ボールの方向も自由に設定できます。携帯にアプリを入れて、そこから信号を送っ... 続きを読む

utlogan

アメリカ・ユタ州在住。在米8年目。
日米の大学や研究所に勤務経験の研究者。
サカママ外部ライターもしてます。

2007年生まれの息子は、コンペティティブチームに入ってます。海外の育成事情や、おもしろエピソードも書きたいです。

ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com