• 長いこと子どもの試合を見ていると、子どもの成長はアップダウンするのが分かります。年齢と共にできることが増えるように、サッカーも数年前にできなかったプレーができるようになります。ところが、日々の試合では、集中できなかった、シュートが枠に飛ばなかったなど、短期的にダウンした部分に注目しがちです。そうなると、自分の子どもはちゃんと成長しているか、不安になります。さらに、チームが負け続けると、チームやコー... 続きを読む
  • U15になり、プロテインシェークを飲むチームメイトが増えてきました。我が家はまだ日常的に飲んでいなかったので、「プロテインパウダーって必要なの?」という疑問が湧きました。今回は、子供の体重ともう一つの情報から、プロテインパウダーの必要性を評価してみました。 「プロテインは飲むべきか?」アメリカ少年サッカー記31そろそろプロテインを飲み始めようかな、と考えている方は、ぜひご覧ください。【プロテインパウダ... 続きを読む
  • こちらでは、子供たちがコーチをファーストネームで呼び、コーチと選手の関係はフラットです。こうした環境でのコーチングは、驚くほどシンプルな言葉を使います。「何番にパスしろ」といった具体的な指示ではないコーチングから見えてくる、子どもの個性を伸ばす声かけとは?サカママに掲載されました。 「アメリカ流、子どもの個性を伸ばす声かけとは」 アメリカ少年サッカー記30子供の個性を伸ばすことに興味のある方には、参... 続きを読む
  • 夏休みが始まり、サッカーキャンプに参加しました。その週は猛暑が続き、3日前は過去150年の最高気温でした。こんな暑い中、一日中サッカーをするのは大変だなぁと思いましたが、帰ってきた息子の姿をみて唖然。両足を引きずって、ボロボロの姿だったのです。足を引きずっていたのは、両足の足裏に、水ぶくれができたからでした。以前にもちょっとした水ぶくれはありましたが、こんなに悪い状態になったのは初めてです。一体、どう... 続きを読む
  • 数ヶ月前に、NHKの記者の方から連絡を受けました。なんでも、アメリカのユースサッカーで取り組んでいる「小学生年代のヘディング禁止」に興味があり、この取り組みを保護者としてどう感じているか、聞きたいとのことでした。2016年あたりから、アメリカではU12以下の年代のヘディングを全面禁止しています。ちょうど、ルール改正の狭間にいた2007年生まれの息子の学年は、小学校低学年まではヘディングをし、小学校中学年で練習と... 続きを読む
  • 決勝トーナメントのある大会。こうしたトーナメントの試合がリーグの試合と大きく違うのは、試合に負けた場合、チームが敗退してしまう点です。
こうした勝ち抜き戦は、勝ち進むほど両チームの実力が拮抗し、守備でのプレッシャーや攻撃時のボールの奪い合いなどの強度が増します。その結果、1点に喜び、1点に泣く試合が増えます。このような負けられない試合で勝つには、ゴールの確率を上げることも重要な要素となりそうです。果... 続きを読む
  • 子どもの試合の最中に時折起こる、靴紐が解ける問題。小学校に入学した頃はまだ自分で靴紐を結べないので、試合前にお父さんお母さんが子どものスパイクの靴紐をしっかりと結んでいました。さらに、試合中にスパイクの紐が解ければ、保護者やコーチ、そして時には審判が、子どもの靴紐を結んでいました。その光景は心温まるものでしたが、最近少し衝撃的な靴紐事件に遭遇しました。サカママに投稿しました。 「あー、もう、なんで... 続きを読む
  • 踵の成長痛であるシーバー病。小学校高学年頃に発症しやすく、この怪我に長年悩まされている方もいるかもしれません。我が家は9歳から11歳くらいまでシーバー病になりました。治っても忘れた頃にまた痛くなる、と痛みが繰り返されるのもこの怪我の特徴のようでした。ところが、気がつくと、過去2年くらい、踵が全く痛くなっていません。悩みまくったこの怪我にどう向き合い、クリアしたのか?、そしてその先に見えてくるサッカ... 続きを読む
  • 試合が続くと重くなる身体大会などで試合が続くと、怪我人が続出し、試合に出る人数が減ることがありませんか? 試合の途中で、足が攣ったり、足を引きずったりして、退場する子も出てきます。こうした怪我は、連戦による疲労が影響しているかもしれません。今シーズンは、連戦への取り組みが大きく変わりました。コーチは「これをしないで次の試合に来たら、大バカだよ!」と言い、怪我の防止のために、ある回復術を導入しました... 続きを読む
  • 日本のサッカー少年がアメリカでも話題に 山梨学院の選手が小学生の頃に、クリスティアーノ・ロナウドにインタビューしたエピソード。緊張しながらロナウドの母国語であるポルトガル語で質問した少年に、取材陣からは笑いがあがり、それを変だと指摘し、少年の挑戦を褒めたロナウド。ここでの男の子の挑戦に対する大人の反応は非常に異なりますが、大人の行動は子供の挑戦に影響を及ぼすのでしょうか?サカママに記事を投稿しまし... 続きを読む

utlogan



子どものサッカーの悩みや経験を、海外のママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住大学研究者。
元サカママライター。
3歳の息子を連れた母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com

サイト内検索

人気の記事ランキング

年別アーカイブ

(年をクリックで月別の表示)