• 息子達の試合前に、女子チームの試合がありました。離れて観ていると、ボールがフィールドから出て、スローインの場面になりました。ディフェンスの選手が、ずいぶん長い距離の助走をとり、普通にスローインすると思いきや予想外の動きに! あまりの、びっくりに、思わず身を乗り出して見てしまいました。こちらが、そのスローイン場面。しっかり、ペナルティエリア内にボールが入る、驚きの飛距離です。Wikipediaでもユニークな... 続きを読む
  • 飲み会の途中にJ1クラブのユースコーチから突然の電話。内容は、「ゴールキックで最も遠くに飛ばすには、どう蹴ればよいのか?」という質問でした。その場にいた物理学の猛者たちは、ボールを45度の角度で蹴りあげれば良いと割り出したのですが、話はそれだけでは終わりませんでした。飛距離に重要なもう一つの要素:時間角度45度で蹴ればいい、というのは、キック力を一定と仮定した話ですが、キック力(初速度)をあげる方が、よ... 続きを読む
  • 「ゴールキックでボールをもっとも遠くに飛ばすキックの練習をしたいのだけど、どのようにボールを蹴ればもっとも遠くに飛ぶのか?」かつてのチームメイトであるJ1下部組織のゴールキーパーコーチから投げかけられた質問。ちょうど飲み会中の物理の猛者たちが、酒のつまみに喜んで議論を始めました。ボールを最も遠くまで飛ばす方法実はこの問題、高校の数学や物理の問題として出題されることもあります。というのも、これは、sin... 続きを読む
  • J1ユースコーチから突然の電話
日本にいた頃、夫が仕事仲間と飲んでいる最中に、とあるJ1クラブに所属するユースチームのゴールキーパーコーチから電話が掛かってきました。このコーチ、夫と小中高で一緒にサッカーした幼馴染です。折り入って、聞きたいことがあると。「ゴールキックでボールをもっとも遠くに飛ばすキックの練習をしたいのだけど、どのようにボールを蹴ればもっとも遠くに飛ぶのか?」その幼馴染は、「出来るだけ... 続きを読む
  • 自主練。ゴールに向かって走り込んで、サイドからのクロスにダイレクトでシュートする練習です。何度も繰り返すのですが、シュートがどうしてもゴールのクロスバーを越してしまいます。そこで、どうしてクロスバーを越えてしまうのか、ちょっと説明を。それがこちらの図。ゴールに向かって走るため、シュートのモーションに入ってから、実際にボールが足に当たるまでに、ゴールまでの距離が短くなります。モーションを始めた時点で... 続きを読む

utlogan



子どものサッカーの悩みや経験を、海外のママ視点から綴るブログ。ブログを通して読者には、サッカーを通した楽しい親子関係が構築できるよう、運営しています。


ブログ著者:アメリカ在住大学研究者。
元サカママライター。
3歳の息子を連れた母子研究留学を経て、2012年より家族でアメリカに移住。


ご連絡はこちらまで:utlogan101@gmail.com

サイト内検索

人気の記事ランキング

年別アーカイブ

(年をクリックで月別の表示)